紅茶の等級 (グレード)| スリランカ

オレンジペコやFBOPなどと言われているスリランカの紅茶等級について、写真入りで詳しく解説致します。

 紅茶の等級(グレード)は、それが紅茶の品質や味を示している感じが致します。しかし実際、紅茶の等級とは「茶葉の形状」を示しています。
 スリランカの多くの茶工場では、紅茶加工最終段階で紅茶をふるいにかけ、大小のサイズに分けます。それを、FBOPF、BOPなどと表します。同じ茶工場で作られた紅茶で比べると、大きい葉の集まった等級の紅茶は、軽い味。細かい茶葉のは、濃く抽出されます。基本的な紅茶の味や香りは、茶園、茶工場、産地、季節により、かなり違いがあります。
FBOP FBOPF FBOPF ExSp
Pekoe OP BOP1
Silver Tips BOP BOPF
Dust BP1 PF1
Transformation オーソドックス製法
 公式Twitter ティーボット
紅茶の知識 美味しい紅茶の入れ方
紅茶香りの仕組み 紅茶の有用成分 
ハイグロウン/ミディアムグロウン/
ロウグロウン
Official
facebook
オフィシャル
ブログ 
お問い合わせ スマホサイト
トップ
 PCサイト
トップ
紅茶産地からとびっきり美味しい紅茶をお届け致します